新規事業コンサル

現状分析の書き方を学ぶ:効果的な分析法と改善策立案とは?

目次

はじめに

現代のビジネスをとりまく環境は、競争の激化や、市場の急速な変化など非常に厳しいものです。このような状況下で事業を進める場合、現状分析は非常に重要なスキルとなります。現状分析を行うことで、事業やプロジェクトの現状を正確に把握し、問題点を特定して改善策を立案することが可能になるためです

本コラムでは、現状分析の基本的な考え方から具体的な書き方、戦略立案や改善策の立案に至るまで、現状分析を効果的に活用するためのノウハウを解説します。特に、現状分析の書き方においては、実践的なアプローチまでご紹介します。このコラムを通して、現状分析をマスターし、組織・プロジェクトの成功に繋げることができるようにすることを目指しています。

なお、新規事業や、事業戦略策定時に必ず必要となる現状分析のアプローチについて,もっと詳しく知りたい方には以下の資料がオススメです。

新規事業/戦略策定のための現状分析大全 ホワイトペーパーDLページ>

< 株式会社tryXのコンサルティング支援サービスのご紹介 >

新規事業で何かお手伝い出来ることはありませんか?

株式会社tryXでは、アイデアの創出から実行支援まで、ワンストップで伴走したコンサルティングサービスを提供致します。

弊社のコンサルティングサービスは、 数年間の長期にわたるご支援実績が豊富な点が特徴的で、東証スタンダード上場企業様からも多くの信頼を獲得しております。もちろん中小企業様もご支援させて頂いております。

まずは無料でご相談してみてください。

株式会社tryXの新規事業コンサルティング支援について詳しく >

 


株式会社tryXでは、データ主導での意思決定を支援する、デジタルマーケティングコンサルティング支援を行っております。

戦略策定から実行支援までワンストップで、伴走型でご支援するため、限られた資源でマーケティング効果を最大化することが出来ます。これらの成果は累積で積み上がり、加速度的に事業を成長させることが出来ます。

まずは無料でご相談してみてください。

株式会社tryXのマーケティングコンサルティング支援について詳しく >

1: 現状分析の基本的な考え方

最初に、現状分析について基本的な考え方を以下で解説します。

  • 1-1: 現状分析とは何か
  • 1-2: 現状分析の目的

1-1: 現状分析とは何か

現状分析とは、組織やプロジェクトの現在の状況を詳細に把握し、その上で問題点や改善の余地を見つけ出すための手法です。組織の成長やプロジェクトの成功に向けて、どのようなアクションを起こすべきかを明確にすることが目的となります。

現状分析では、次の要素が重要です。

  • データ収集:現状を把握するための情報やデータを収集する。
  • データ整理:収集したデータを整理し、問題点や改善の余地を見つける。
  • 要因分析:問題点に至った原因を分析する。
  • 改善策の検討:分析結果をもとに、改善策を検討する。

< 弊社サービスご紹介 >

イノベーター向けニュースアプリINFOHUB_banner_l

1-2: 現状分析の目的

現状分析の目的は、組織やプロジェクトの現状を正確に把握し、問題点や改善の余地を特定することです。現状分析を行うことで、次のような効果が期待できます。

  • 問題点の特定:組織やプロジェクトの問題点を明確にすることで、的確な改善策を立案し、実行することができる。
  • 戦略立案:現状分析の結果をもとに、組織やプロジェクトの戦略を立案し、具体的なアクションプランを策定できる。
  • 継続的な改善:現状分析を定期的に実施することで、組織やプロジェクトの状況に応じた改善策を継続的に実行することができる。

2: 現状分析のプロセス

現状分析の基本をおさえたところで、ここからは現状分析のプロセスを解説していきます。

  • 2-1: 現状の把握と目標設定
  • 2-2: データ収集と整理
  • 2-3: 問題点の特定と要因分析
  • 2-4: SWOT分析(強み・弱み・機会・脅威)
  • 2-5: KPI(重要業績評価指標)の設定
  • 2-6: 改善策の検討と選定
  • 2-7: アクションプランの策定
  • 2-8: 実行と評価・フィードバック
  • 2-9: 継続的な現状分析の実施と改善

2-1: 現状の把握と目標設定

現状分析の最初のステップは、現状の把握と目標設定です。この段階では、次の点に注意して情報を整理しましょう。

  • 現在の業績や状況を正確に把握する
  • 競合企業との比較を行い、自社の立ち位置を理解する
  • 目標設定を具体的かつ達成可能なレベルで行う

目標設定は、SMART原則(Specific、Measurable、Achievable、Relevant、Time-bound)に基づいて設定することが重要です。

2-2: データ収集と整理

データ収集と整理は、現状分析において重要なプロセスです。次の方法を用いてデータを収集し、整理していきましょう。

  • 内部データ(売上、利益率、顧客数等)を活用する
  • 外部データ(市場調査、業界情報、競合情報等)を収集する
  • 定性的な情報(顧客インタビュー、従業員の意見等)も重視する

データ収集が完了したら、情報を整理し、現状分析の他のプロセスに活用していきます。

2-3: 問題点の特定と要因分析

問題点の特定と要因分析も、現状分析で重要なプロセスの一つです。次のステップで問題点を特定し、要因を分析していきましょう。

  • 現状と目標のギャップを明確にする
  • 問題点を具体的かつ明確に洗い出す
  • 問題点の根本原因を特定する

要因分析では、5つの分析やフィッシュボーン・ダイアグラムなどの手法を使って問題の根本原因を探ります。

2-5: KPI(重要業績評価指標)の設定

KPI(Key Performance Indicator)は、組織やプロジェクトの目標達成度を測るための重要な指標です。KPIを設定することで、目標達成に向けた進捗状況を把握し、改善策の効果を評価することができます
KPI設定のポイントは次の通りです。

  • 目標に対して明確で具体的な指標を設定する
  • 定量的で測定可能な指標を選ぶ
  • 定期的にモニタリングし、結果に応じて改善策を実施する

2-6: 改善策の検討と選定

現状分析で問題点や要因を特定した後、改善策を検討し、最適なものを選定します。次のステップで改善策を検討・選定しましょう。

  • 問題点や要因に対処するためのアイデアをブレインストーミングする
  • アイデアを実行可能性、効果、リソース(コストや人材)などで評価し、優先順位を決定する
  • 優先順位が高い改善策を選定し、アクションプランを策定する

適切な改善策を選定することで、問題解決に向けた効果的な取り組みが可能となり、組織の業績向上につながります。

2-7: アクションプランの策定

アクションプランは、選定した改善策を具体的に実行するための計画です。次の要素を含めたアクションプランを策定しましょう。

  • 具体的な目標や期限
  • 実行に必要なリソース(人材、予算、時間等)
  • 担当者とその役割
  • 進捗管理方法

アクションプラン策定のポイントは、現実的で実行可能な計画を立てることと、チーム全体で共有し、責任を明確にすることです。

2-8: 実行と評価・フィードバック

アクションプランを実行したら、定期的に評価・フィードバックを行いましょう。次のポイントを意識してください。

  • 進捗状況をモニタリングし、適宜アクションプランを見直す
  • 定期的にKPIを確認し、改善策の効果を評価する
  • チームメンバーと情報共有し、フィードバックを受け入れる姿勢を持つ

評価・フィードバックを通じて、改善策が効果的に実施されているか確認し、必要に応じてアクションプランを修正していきます。

2-9: 継続的な現状分析の実施と改善

継続的な現状分析を実施・把握し、組織の問題点や改善策を見直すことが重要です。次のポイントを意識して継続的な現状分析を行いましょう。

  • 定期的にデータ収集・分析を行い、変化に対応する
  • 新たな問題点や機会を見つけ出すため、外部環境の変化にも注意を払う
  • 継続的な改善を目指し、組織全体で現状分析の重要性を認識する

継続的な現状分析と改善活動を行うことで、組織は変化に適応し、競争力を維持・向上させることができます。新規事業推進や組織の成長を目指す上で、現状分析は必要不可欠なプロセスです。

3: 現状分析の具体的な書き方

ここからは以下のように現状分析の具体的な書き方を解説していきます。

  • 3-1: 状況説明の書き方
  • 3-2: 問題点の洗い出し方
  • 3-3: 要因分析の進め方
  • 3-4: KPI設定のポイント
  • 3-5: 効果測定方法の選定

3-1: 状況説明の書き方

現状分析を行うにあたり、まずは事業の現状を正確かつ明確に把握する必要があります。そのために必要なのが、「状況説明」です。

状況説明は、事業の現状をわかりやすく文字化することで、全員が共通の認識を持つことができるようにするものです。以下では、具体的な状況説明の書き方について解説します。

最初に、今回分析する事業の概要を説明します。例えば、販売する商品・提供するサービス、市場規模、競合他社、売上高などの情報を記載します。

例:当社は、IT関連のサービスを提供する企業です。クラウドストレージ製品の「CloudA」という商品を主力としており、現在国内シェア19%を占めています。競合他社は東京ソフトウェア株式会社、よるびず株式会社などがあります。

次に、ターゲットとなる顧客・ユーザの属性を説明します。具体的には、年齢層、性別、職業、所得レベル、購買履歴などを記載します。

例:CloudAのターゲット顧客は、ビジネスパーソンであり、主な使用用途はファイル共有やデータバックアップです。特に30代から50代の男性層に人気があり、月間アクティブユーザー数は10万人以上に達しています。

最後に、現状の問題点を記載します。この際には、定量的な数字や分析結果に基づいて記述し、事実に基づいた分析が必要です。

例:そこで当社では、市場シェアが伸び悩んでいることを課題として挙げ、市場シェア拡大策として新規ユーザーの獲得が急務と考えています。また、CloudAの機能拡充や顧客サポートの向上など、プロダクト面での課題も把握しており、今後取り組んでいく予定です。

以上が、現状分析における状況説明の書き方についての解説です。事業の細かい部分まで正確に記載し、全員の共通理解を得ることで、より具体的な問題点を洗い出すことができます。

3-2: 問題点の洗い出し方

新規事業を開発する場合、成功するためには、問題点を的確に把握して対策を講じることが欠かせません。問題点の洗い出し方について詳しく見てみましょう。

1. データを分析し、目標達成に対する障害となる要素を特定する
まず、どのような問題が存在するのかを明確にするため、データを収集して分析します。その結果、新規事業を開発する上で必要なものや、目標達成に向けての障害となる要素などを特定しましょう。このプロセスでは、客観的なデータを元に検討することが重要です。

2. 問題点を明確かつ具体的に表現する
問題点の特定が完了したら、それを明確かつ具体的に表現することが必要です。例えば、「ユーザー数が伸び悩んでいる」というように、目に見える課題として明確にします。こうすることで、問題が何であるかを共有しやすくなります。

3. 問題点の優先順位を決定する
問題点には大小様々なものがありますが、全てに対して同じように取り組むことは効率的ではありません。そのため、問題点の優先順位を決めましょう。例えば、新規事業の目的を達成するために必要不可欠なものや、市場動向に影響する問題を優先的に解決することが求められます。

以上の手順で、問題点を的確に洗い出し、優先順位を決定することが重要です。このプロセスを踏むことで、より効果的かつ迅速な問題解決を実現することが可能となります。

3-3: 要因分析の進め方

要因分析は、問題を解決するために、その原因を特定する分析手法です。次のステップに従って進めます。

Step1: 問題点に対して、その原因となる要素を特定する

まずは、問題点について明確に定義し、それに関係する要素をリストアップします。その中から、重要度が高そうなもの(例えば、直接的な原因や頻度が高いものなど)をピックアップしていきます。また、「5Why分析」や「フィッシュボーン・ダイアグラム」を使用することで、深堀りして原因を探すことができます。

Step2: 要因間の関連性や影響度を分析する

リストアップした要素の中から、どの要素が他の要素に影響を与えているか、どの要素が直接原因なのかを明確にし、相互の関係を把握します。その上で、各要素の影響度や重要度を評価し、優先順位を決定することが重要です。

Step3: 問題点解決に向けたアプローチ方法を検討する

既知の原因を排除するだけでは、なかなか問題は解決しません。そのため、問題発生以前から行っている予防措置の見直しや、新たな対策を考える必要があります。その中で、最も効果的な解決策を検討し、実施計画を立てることが求められます。

要因分析は、問題解決に欠かせない重要な手法の1つです。ステップ毎にPDCAサイクルを回し、問題解決を目指すことが大切です。

3-4: KPI設定のポイント

KPIとは、Key Performance Indicator(主要業績評価指標)の略称であり、事業目標を達成するために必要な活動の成果や効率を定量的に測定する指標です。KPI設定では、次のポイントを意識して選定します。

3-4-1: 目標達成に直接影響を与える指標を選ぶ

KPIは、事業目標や戦略を達成するために重要な成果や効率を測定するための指標です。そのため、目標達成に直接影響を与える指標を選ぶ必要があります。例えば、売上目標の達成に関わる指標や、コスト削減や品質向上につながる指標などがこれに当たります。

3-4-2: 測定が容易で、定期的に評価できる指標を選ぶ

KPIは、複数のメンバーが関与する場合が多く、測定が煩雑になりやすいものです。そのため、測定が容易で、かつ定期的に評価できる指標を選ぶ必要があります。また、データの収集や算出方法が複雑になりすぎないように、シンプルな指標を選ぶことが大切です。

3-4-3: チームメンバーが理解しやすく、意識できる指標を選ぶ

KPIは、チームメンバーがその改善に取り組むモチベーションを高め、成果を上げるためにも重要な役割を果たします。そのため、チームメンバーが理解しやすく、意識できる指標を選ぶ必要があります。また、KPIの目標値が高すぎたり、低すぎたりすると、チームメンバーからの協力が得られなくなるため、目標値を適切に設定することがポイントです。

以上のようなポイントを意識して、KPIを選定・設定することが、新規事業の成功に必要不可欠な作業となります。

3-5: 効果測定方法の選定

効果測定方法を選定する際は、次のポイントを考慮します。

3-5-1: 改善策の成果を客観的に評価できる方法を選ぶ

改善策の成果を正確かつ具体的に評価することが重要です。そのため、具体的な指標を設けて評価する方法や、A/Bテストを行う方法などを検討してみましょう。

3-5-2: 測定結果をもとに、改善策の見直しや追加が行える方法を選ぶ

効果測定の結果、改善策の課題や問題点が浮き彫りになった場合、その解決策をすぐに導入できるようにすることが大切です。そのため、測定結果をもとに、改善策の見直しや追加が簡単に行える方法を選びましょう。

3-5-3: 関係者が理解しやすく、適切なフィードバックが行える方法を選ぶ

効果測定を行う際には、関係者が結果を理解できるような方法を選ぶことが必要です。また、効果測定の結果をもとに、適切なフィードバックを行いながら改善策を進めていくことが大切です。そのため、関係者が理解しやすく、フィードバックが行えるような方法を選びましょう。

以上、効果測定方法の選定についてご紹介しました。ポイントを押さえながら、最適な方法を選んでください。

4: 現状分析を活用した戦略立案と改善策

現状分析は、事業開発において非常に重要なステップです。正確な現状を把握し、問題点を明確化することで、より効果的かつ的確な戦略立案が可能となります。ここからは具体的な活用方法について解説していきます。

  • 4-1: 現状分析の手法
  • 4-2: 改善策の検討
  • 4-3: 現状分析から戦略立案へのステップ
  • 4-4: 現状分析に基づく改善策の考え方
  • 4-5: プロジェクトチームへの現状分析の共有方法
  • 4-6: 継続的な現状分析の重要性

4-1: 現状分析の手法

現状分析には、様々な手法がありますが、次のものが代表的です。

  1. SWOT分析
  2. 5C分析
  3. PEST分析
  4. 競合分析

SWOT分析は、自社の強みと弱み、そして市場環境のチャンスと脅威を4つの観点から分析する手法です。特に自社や競合他社の強みと弱みを明確化することで、差別化戦略の立案に役立ちます。

5C分析は、顧客、商品(サービス)、会社、競合、コミュニケーション(マーケティング)の5つの観点から分析する手法です。これにより、市場環境を把握しやすくなり、戦略的判断を行いやすくなります。

PEST分析は、Political(政治)、Economic(経済)、Social(社会)、Technological(技術)の4つの観点から、市場環境を分析する手法です。政策、経済、社会、技術などの変化をきっかけに事業環境が急速に変化する中で、各項目を分析することで、最新の動向に対して適切に対応することができます。

競合分析は、自社と同じ市場・業界に参入している他社を分析することで、自社の立ち位置を明確にし、差別化戦略の立案に役立てることができます。商品力や宣伝効果など、様々な角度から競合他社を比較し、より高次元な戦略立案ができるようになります。

4-2: 改善策の検討

現状分析で問題点が把握できたら、改善策を検討する必要があります。改善策の具体的なアイデアは、次のものが考えられます。

  1. 製品(サービス)の改良・開発
  2. 販売チャネルの拡充・改善
  3. 宣伝戦略の見直し
  4. 販売価格の変更
  5. コスト削減の実施

製品(サービス)の改良・開発は、市場の変化に合わせて自社製品(サービス)を改良することで、よりニーズに合った製品(サービス)を提供することができます

販売チャネルの拡充・改善は、新たな販売チャネルの開拓や既存のチャネルの改善などを行うことで、新たな顧客層の獲得や既存顧客の維持、利益の向上を目指すことができます

宣伝戦略の見直しは、宣伝効果の低下や市場環境の変化に対応するために、広告媒体の選定やメッセージの変更などを行うことができます

販売価格の変更は、価格競争力を高めるために価格帯の見直しやキャンペーンの展開などを行うことができます

コスト削減の実施は、無駄なコストを削減することで、利益率の向上を目指します。具体的には、人件費の削減、原材料調達の見直しなどが考えられます。

4-3: 現状分析から戦略立案へのステップ

現状分析は、新規事業開発において非常に重要なステップです。このステップでは、既存の市場や競合企業の情報を収集して、自社がどのようなプレイヤーであるかを明確にします。

そして現状分析の結果が出たら、戦略立案を行います。戦略立案のステップは以下の通りです。

Step1: SWOT分析を用いて、組織やプロジェクトの強み・弱み・機会・脅威を整理する

SWOT分析は、Strength(強み)、Weakness(弱み)、Opportunity(機会)、Threat(脅威)の頭文字を取った分析方法です。自社の強みや弱み、市場の潜在的な機会や脅威を洗い出すことで、戦略の方向性を定めることができます。

Step2: 目標達成に向けた優先順位や戦略を決定する

SWOT分析の結果を踏まえて、目標達成に向けた優先順位や戦略を決定します。ここで大切なのは、「何を重視するか」を明確に定めることです。どのような市場にフォーカスするか、製品ラインナップをどのように展開するか、予算の配分をどうするかなど、具体的な選択肢を明確にする必要があります。

Step3: 戦略に沿った具体的なアクションプランを策定する

最後に、戦略に沿った具体的なアクションプランを策定します。この段階で、誰が何を担当し、いつまでにどのような成果を出すかを洗い出し、細かなタスクリストを作成します。また、達成度合いを計測するためのKPI(Key Performance Indicator)も設定することが大切です。

4-4: 現状分析に基づく改善策の考え方

現状分析に基づき問題点や課題が洗い出されたら、改善策を検討していく必要があります。

4-4-1: 問題点と要因を把握し、根本的な解決策を考慮する

まずは、問題点を明確に洗い出し、その原因を特定することが重要です。また、根本的な解決策を考慮することで、一時的な対応だけでなく、将来的なリスクを軽減できる可能性があります。

4-4-2: リソースや状況を考慮した現実的な改善策を検討する

改善策を検討する際は、現状のリソースや状況も考慮する必要があります。限られた予算や人員、時間の中で実現可能な改善策を検討することが大切です。

4-4-3: 改善策の効果や実行可能性を評価し、優先順位を決定する

検討した改善策について、その効果や実行可能性を評価し、優先順位を決定することが重要です。低コストで即効性のある改善策から取り組んでいくことが望ましいでしょう。

4-5: プロジェクトチームへの現状分析の共有方法

プロジェクトチームへの現状分析の共有方法は次の通りです。

4-5-1: 現状分析の結果をわかりやすい形で整理・可視化する

現状分析の結果をグラフや表など、わかりやすい形で整理・可視化することで、メンバー全員がシステムの問題点や改善点について正確に共有することができます。特に重要なポイントにはstrongタグを利用して、強調するようにしましょう

4-5-2: 定期的なミーティングや報告書で結果を共有する

一定期間ごとにプロジェクトチーム全体で行うミーティングや、報告書を活用して、現状分析の結果を共有しましょう。その際には、箇条書きのリストを使って、重要な項目を整理することがおすすめです。

4-5-3: 改善策の策定や実行に関わるメンバーに役割と責任を明確に伝える

現状分析の結果に基づいて策定された改善策については、関係するメンバーに役割と責任を明確に伝えましょう。また、数字1-1形式で具体的な行動計画や目標を設定し、目指す方向性を共有することが大切です。

以上のプロジェクトチームへの現状分析の共有方法について、定期的に実施していくことで、システム開発プロジェクトの成功につなげましょう。

4-6: 継続的な現状分析の重要性

現状分析は、組織やプロジェクトの成功に不可欠な作業の一つです。そのため、定期的かつ継続的に行うことが大切です。

なぜ継続的な現状分析が重要なのでしょうか?以下にその理由を詳しく説明します。

4-6-1: 変化する状況に対応するため

組織やプロジェクトの状況は常に変化しています。市場環境や競合状況、技術革新など、外部環境の変化に影響を受ける場合もあります。また、社内環境も変化する可能性があります。これは例えば新たなメンバーが加わる、業務の担当範囲が変更される、予算やリソース配分が改定されるなどの変化です。これらの変化に対応するために、適切な現状分析が必要になります。

4-6-2: 改善策の効果を確認するため

現状分析は、改善策を計画し実行する際のガイドとなります。しかし、改善策を計画してから効果を確認するまでに時間がかかる場合があります。継続的な現状分析を行うことで、改善策の効果を早期に確認することができます。その結果、より効率的な取り組みを行うことができます。

4-6-3: チームメンバーとの共通認識を醸成するため

現状分析は、チームメンバーの共通認識を醸成するためにも重要です。現状把握には、各人の見解や知見を共有する必要があります。それによって、目標達成に向けての戦略やアクションプランを策定することができます。また、チームメンバーが共通の課題を意識し、協力して解決に向けて取り組むことで、一体感を醸成することができます。

以上のように、現状分析は、組織やプロジェクトの成功に向けて欠かせない作業です。そのため、定期的かつ継続的に行うことが重要です。

まとめ: 現状分析をマスターし、組織・プロジェクトの成功へ

本コラムでは、現状分析の基本的な考え方から具体的な書き方、戦略立案や改善策の立案に至るまで、現状分析を効果的に活用するためのノウハウを解説しました。事業に課題を抱える方や新規事業を進める方にとって、現状分析は正確な現状把握と問題解決に繋がる重要なスキルです。

現状分析をマスターすることで、組織やプロジェクトの問題点を的確に特定し、適切な改善策を立案し実行することが可能になります。また、現状分析を継続的に行うことで、組織の状況や市場の変化に柔軟に対応し、競争優位を維持・拡大することもできるのです。このコラムが、現状分析のスキルを向上させ、組織・プロジェクトの成功に寄与することを願っています。

< 株式会社tryXのコンサルティング支援サービスのご紹介 >

新規事業で何かお手伝い出来ることはありませんか?

株式会社tryXでは、アイデアの創出から実行支援まで、ワンストップで伴走したコンサルティングサービスを提供致します。

弊社のコンサルティングサービスは、 数年間の長期にわたるご支援実績が豊富な点が特徴的で、東証スタンダード上場企業様からも多くの信頼を獲得しております。もちろん中小企業様もご支援させて頂いております。

まずは無料でご相談してみてください。

株式会社tryXの新規事業コンサルティング支援について詳しく >

 


株式会社tryXでは、データ主導での意思決定を支援する、デジタルマーケティングコンサルティング支援を行っております。

戦略策定から実行支援までワンストップで、伴走型でご支援するため、限られた資源でマーケティング効果を最大化することが出来ます。これらの成果は累積で積み上がり、加速度的に事業を成長させることが出来ます。

まずは無料でご相談してみてください。

株式会社tryXのマーケティングコンサルティング支援について詳しく >