INFOHUBコラム

フリーランスのWebマーケターは稼げる?年収や案件単価を解説

最近では、Webマーケティングとして働くフリーランスが増えてきており、独立を考えているマーケターの方も多いのではないでしょうか。

Webマーケティングと聞くと在宅での業務やどんな場所でも働けるノマドワーカーを想像しますが、実際の業務やお金事情はどうなのでしょうか。

今回は、「フリーランスのWebマーケターになりたいけどまだ一歩踏み出せない」という方のためにWebマーケターの主な仕事内容から平均年収、必要なスキルについて一挙ご紹介します。

Webマーケティングの主な仕事

ここではWebマーケティングの主な仕事内容についてご紹介します。

主な仕事

内容

①Webコンテンツの企画

Webコンテンツの目的達成のための企画考案

②SEO対策

Webコンテンツの検索上位を上げて、集客増加を狙う手法

③Web広告運用

予算をかけてWebサイト流入や認知拡大を集める広告手法

④SNS運用

Twitter、Facebook、InstagramなどのSNS媒体を活用したマーケティング手法

⑤データ解析

各媒体でのユーザー行動や成約率などのデータ解析を行う

Webコンテンツの企画

Webコンテンツ企画は、どのようなWebコンテンツがユーザーに興味関心を集めて成約に至るのかをマーケティング視点を取り入れて構成していきます。

Webコンテンツの制作は、Webデザイナーやフロントエンジニア、ディレクターとグループを組んで制作を進めます。

Webコンテンツの制作が終わると、そのWebコンテンツをどのようにユーザーにアプローチするのかの手法を決めていきます。

SEO対策

SEO対策とは、自社コンテンツを検索の上位に掲載させる手法です。「どのようなキーワードが最も検索されているのか」「どのキーワードが上位表示できるのか」を考え、集客施策を行っていきます。

ここで重要なのは、最適なキーワードを活用したからといって上位掲載されるわけではありません。Webコンテンツの中身をユーザーとして満足のいくコンテンツにすることが重要です。

また、SSL化などのセキュリティー面の改善や、Webサイトの表示速度が遅いなどもSEO対策として大きく関わってきます。

Web広告運用

Web広告運用では、目的や目標を決めて配信先やオーディエンス設定、成果計測・改善を行います。

決められた広告予算の中でいかに費用対効果が高い配信をするかをデータを見ながら解析して改善をしていきます。

Web広告の種類は下記のように様々あります。

①リスティング広告
②ディスプレイ広告
③SNS広告
④純広告
⑤アフィリエイト広告

上記のようなWeb広告の種類を理解して、どの広告が自社サービス・商品に適しているかを判断して広告を配信します。

SNS運用

参加者個々の隅々にまSNS運用とは、Twitter、Facebook、Instagram今ではTiktokなどのSNS媒体を利用した集客施策を言います。

SNSは、「コミュニケーション」ツールとして利用されることが多く、ユーザーとの密なコミュニケーションが出来るメリットがあります。

そのため、広告のようなプッシュ型の情報発信を行うとユーザーからアンフォローや疎遠につながる可能性もあるので、コミュニケーションを意識した運用を行うことが重要です。

⑤ データ解析

Webマーケティングのメイン業務は、「データ分析・解析」になります。

Web広告や情報を配信することでどれくらいのユーザーが訪問してくれたのか、何人のユーザーがコンバージョン(CV:お問い合わせ、購入など)に至ったのかなど特定の分析ツールを用いて考えていきます。

結果がすぐに出なかったとしても、仮説・検証・改善・実行のPDCAサイクルを回すことが大切です。目標を達成するために数値に基づき、ひたむきに改善を心がけることがWebマーケターのメイン業務と言えます。

 

< 弊社サービスご紹介 >

株式会社tryX_新規事業創出・企画・推進支援

なぜWebマーケターは年収が高いのか

Webマーケターを担当する人の年収について、他の業種とくらべて高いなと感じている人は多いのではないでしょうか。では、なぜWebマーケターがここまで重宝されているのかについてご紹介します。

Webのニーズが高まっている

現在では、9割以上の国民がネットを活用していると言われています。そのため多くの企業でもネットを活用した施策が行われています。

参照URL:総務省2019年国内インターネット利用率

2021年の「CCI・ D2C・電通・電通デジタル」が共同で行ったインターネット広告媒体費の詳細分析によると、インターネット広告媒体にかける費用が前年比の18%増加となっています。

特にディスプレイ広告やリスティング広告、SNS広告などの運用型広告の需要が上がっており、Webマーケターの主要な業務内容であるWeb広告運用の需要が高まっていると言えます。

参照URL:「CCI・ D2C・電通・電通デジタル」が共同で行ったインターネット広告媒体費の詳細分析

 

Webマーケターは専門性の高い業種

Webマーケティングでは広告運用やSNS運用、コンテンツ運用、データ解析など多岐にわたり専門的な知識が必要となります。

広告運用は、各媒体広告の特徴や広告の成果を分析するツールについても理解しておかなくてはいけません。

さらに、ユーザー解析を行う顧客分析は、様々な分析手法(コホート分析、決定木分析など)を用いてユーザーインサイトを把握する必要があります。

マーケティングにおける専門的なスキルをもった人材は少ないため必然的に収入が上がる傾向があります。

Webマーケターは継続案件を獲得しやすい

上述でも触れているように、Webマーケターの主な業務は「Web上での施策・検証を行い改善を行うこと」です。

そのため、案件が単発ではなく長期的な運用になるケースが多いです。結果、継続的に収入を確保することができます。

さらに、Webマーケターの仕事は土木・建築のように材料費などが必要にならず、基本的にパソコンがあれば運用ができてしまうため利益率や収益率が高くなります。

フリーランスWebマーケターのお金事情

では実際に、フリーランスWebマーケティングとして働く方の年収はどれくらいなのでしょうか。また、各案件の単価はどれくらいなのかについて具体的な数値を含めた内容でご説明させていただきます。

Webマーケティングの年収

フリーランスや個人事業主として働く人をサポートする非営利団体「フリーランス協会」が2020年に行った調査(調査対象人数:1,139名)によると、フリーランスWebマーケターで最も多い年収が400〜800万円でした。

参考URL:フリーランス白書2020_フリーランス協会

次いで多かったのが400万円以下、次に800万円以上という結果となりました。

Webマーケターがフリーランスとして稼ぐために必要なスキル

ここまで、Webマーケターの基本的な業務から年収について理解していただけたかと思います。

では次に、Webマーケターが継続的に案件を獲得して行くためにどのようなスキルや経験が必要なのかをご紹介します。

Webマーケターは知識や実績が必要

フリーランスとしてWebマーケティングに参画する場合は、マーケティングに関する知識が必要となります。また、企業が案件を依頼する時に最も気にするのが「実績」「経験」です。

転職サイトや仕事発注サイトでも「Web広告運用の経験が3年以上の人」「Web企画・運用の経験が3年以上ある人」など案件を依頼する際に条件を出している企業様が多いです。

このように、Webマーケティングでの実績や実務経験があると案件を獲得しやすくなります。

Webマーケターは数字的思考力を求められる

Webマーケティングという仕事は、数字を基にして論理的な戦略や企画を考えていきます。

企業やチームの売上に直接関係する業務のため、クライアント担当は事業戦略部の部長や代表取締役になるケースが多いです。

そのため、数字に基づいた論理的な思考力がある人が案件を獲得しやすい傾向にあります。

Webマーケターはコミュニケーション能力が求められる

これはWebマーケターにかかわらずになりますが、案件を獲得するためには一定のコミュニケーション能力が必要となります。

さらに、案件によってWebデザイナーやWebエンジニアを巻き込んだプロジェクトとなるため円滑なコミュニケーション能力が求められます。

チームと円滑にコミュニケーションを回すことができ、かつクライアントのニーズについてもうまくヒアリングできる人は必然的に案件を獲得しやすくなる傾向があります。

WebマーケターはOfficeスキルが必要

上述でも触れていますが、Webマーケティングをする上で数値に基づいた戦略や施策を行うため、Excelなどの表計算ソフトが使えるスキルが必要です。また、Webマーケターは数値分析から得られた内容をクライアントに提案する役割もあります。

そのため、クライアントへの企画書や月次レポートを作る機会が多くあるため、PowerPointでプレゼンテーション資料を作成できるスキルも求められます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、Webマーケティングにおける主要な業務からフリーランスWebマーケターの平均年収、必要スキルについて解説しました。

インターネット利用の需要も年々増えてきているため、Webマーケター当仕事はは今後も企業から求められている業種だと言えます

これから独立してフリーランスとしてWebマーケターになりたい方はぜひチャレンジしてみてください。

株式会社tryXでは、jobhuntというマーケターフリーランス・個人事業主向けの案件紹介サービスを運営しています。

案件をお探しのフリーランス・個人事業主の方は、ぜひ登録お待ちしております。

< 弊社サービスご紹介 >