最新情報

SEO事例・アルゴリズム変更/マーケティング

各地域でのGoogle検索結果画面のシミュレーションツール

Google Search Mobile Device Simulatorは、各地域での検索結果を表示できるサービスです。
Googleの検索アルゴリズムにおいて、2015年1月に「ベニスアップデート」と呼ばれるアップデートが行われました。
これは、ユーザーの位置に応じて検索結果が変わるというアルゴリズムです。
つまり、「東京」のユーザーと「大阪」のユーザーの検索結果画面は、同じクエリでも異なるということです。
これは特にローカルサービスをやっている企業にはとても重要です。
例えば自分が大阪でオーダーメイドスーツ事業を行っていたとして、「オーダーメイドスーツ 大阪」で検索した時の結果が、「東京」においては1位なのに、「大阪」では3位だった、という事がありうるのです。
SEOではよくトラッキングツールを使用して順位計測していますが、地域ごとでの順位が売上に大きく影響する事業の場合は、各地域で計測した順位をトラッキングする必要がある点に注意してください。実際にトラブルが起きたケースも知っています。
さらにご存知だとは思いますが、PCとスマホでも順位が異なります。
外部業者を使っている企業様は、よくレポートを提出してもらって入ると思いますが、その順位の定義は改めて確認しておいた方がよろしいかと思います。
(現場のwebコンサルタントが認識していないのはよくある話です)

 

パンダアップデートと、ペンギンアップデート

ホスト名レベルで作用するもの→パンダアップデート
ページレベルで作用するもの→ペンギンアップデート

 

ページ単位で情報を収集しつつもホスト名単位で作用するアルゴリズムと、そのページにのみ作用するアルゴリズムがGoogleにはある

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA