INFOHUBコラム

中期経営計画の策定方法・プロセスについて|tryXの戦略コンサルティング支援

中期経営計画の策定方法・プロセスについて|tryXの戦略コンサルティング支援

株式会社tryXでは、事業戦略コンサルティング支援サービスを提供しています。その中の一つとして、中期経営計画の策定があります。今回は、中期経営計画の策定方法について簡単にご紹介いたします。

 

中期経営計画とは、どのくらいの時間軸を指すのか?

一般的な中期経営計画は、3年先までのプランを作ることが多いです。長くても5年です。3年先の目標と、それをどのように達成するかを示す施策やロードマップとともに語ります。これに対して毎年進捗をチェックし、遅れているようであれば新たに施策を追加します。

< 弊社サービスご紹介 >

株式会社tryX_新規事業創出・企画・推進支援

中期経営計画策定のプロセス1:目標の設定と定量化を行う

中期経営計画策定の最初のプロセスとして目標の設定と定量化を行います。

ここで最も重要なのは、実現可能な目標を設定することです。 例えば5年後までに利益率を5pt上げるなど、時間軸と、具体的な数字を意識して設定することが重要です。

中期経営計画策定のプロセス2: ベースケースを設定する

次のステップとして一切新たな手を打たない場合の、成り行きでのケースのシュミレーションを行います。 上現場の戦略やオペレーションなどを一切変えず、進めた場合です。 注意しなければならないのは、外部環境は変わることです。具体的にはマーケットサイズの変化や競合の脅威であったり、顧客のニーズ変化などは起こり得るため、その影響は考慮する必要があります。 ここでは妥当性が重要であるため、高く見積りすぎず、低く見積りすぎず、本当にフラットなケースを想定することが求められます。

ここでは、いくつかの仮定を置く必要がありますが、この仮説の妥当性が最も重要です。なぜならば、もしベースケースが想定より実際は低かった場合、全ての施策のKPIは達成しているにも関わらず目標に到達しないという事が起きてしまうからです。

また注意すべきは、ローリング時にどこまでをベースケースとして切り分けるかについてです。施策効果と成り行きでの伸びは混じりやすいだけに注意が必要です。

中期経営計画策定のプロセス3:想定している戦略を効果試算する

ここから、自社の戦略・施策を折り込みます。現状想定している施策の効果を試算します。

効果は、大きく以下の2つに分けることができます。

1.コスト削減施策のインパクトを試算する

2.売上拡大施策のインパクトを試算する

このとき注意すべきは、それぞれの施策が相互作用しているケースです。

例えば、営業効率化により、営業一人あたりのコストが5%下がるとし、一方で現状100人いる営業担当者を110名にする場合、人件費へのインパクトは、人件費×10% – 人件費 ×110%×5% –  = 人件費× 4.5% になる点に注意です(つまりこの場合は、人件費としては増える)。

中期経営計画策定のプロセス4:目標とのギャップを試算し、必要に応じて追加施策を検討する

上記の結果、目標に到達するかをチェックします。多くの場合、上記だけでは足りないため追加の施策を検討することになります。ここでは通常、ブレストを通してアイデアを出し(拡散)、施策の妥当性、実行可能性を評価し、追加施策を選定していきます。

また、大企業では小さな施策ではインパクトがないので、次のような大きな施策が挙がります。

  1. 事業提携
  2. 新規事業への参入
  3. 新市場への転出
  4. 川上、川下または双方の垂直統合
  5. 合併
  6. 事業分離
  7. 撤退、縮小、売却

中期経営計画策定のプロセス5:具体的な実行計画に落とし込む

これらの戦略、施策を具体的な実行計画に落とします。特に需要なのは、その施策の責任主体と追うKPI、達成の時間軸です。

まとめ

中期経営計画は、以下のステップで策定します。

  1. 目標の設定と定量化
  2. ベースケースを設定する
  3. 想定している戦略を効果試算する
  4. 目標とのギャップを試算し、必要に応じて追加施策を検討する
  5. 具体的な実行計画に落とし込む

中期経営計画の策定でお困りの際は、弊社株式会社tryXの戦略コンサルティング支援サービスをぜひご利用ください。

< 弊社サービスご紹介 >